マイクロバブルとは

水と空気のメッセージ

医療とマイクロバブル

2000年頃からマイクロバブルを超音波医療として用いる超音波検査の有効性を医大や研究機関などが臨床試験を行っています。東京医科大学病院では、マイクロバブルを使用した造影剤超音波検査の実用化に成功されています。

副作用やアレルギー症状、レントゲンのように放射線被ばくなどの心配もないので、高い安全性と診断の正確さを実現しています。東京医科歯科大学においては、歯周病への改善を確認し、すでに歯周病対策として利用しています。その強力な殺菌力が潰瘍をはじめ白癬菌や感染症皮膚炎疾病といったウイルスを含めた微生物に対して死滅や増殖抑制する効果があるため、新しく安全な治療手段になりえる可能性があります。

マイクルバブルの殺菌能力と組織復元力を活用し、臓器の長期保存の可能性や、将来の移植医療にとって安全で画期的なメソッドとして研究されています。

  • 前ページ
  • 次ページ