マイクロバブルとは

水と空気のメッセージ

発生方法と測定方法

マイクロバブルを発生させる方法は主に2種類です。液体を固定し気体を吹き込む方法と液体と気体をかき混ぜて発生させる方法です。発生方法によって泡の性質が異なります。

液体の流動を伴う場合
旋回液流式 スタティックミキサー式 エジェクター式 ベンチュリー式 加圧溶解式

液体の流動を伴わない場合
細孔式 回転式 超音波式 蒸気凝縮式 電気分解式

また、他にも様々な発生方法が研究されています。
マイクロバブルは、一般的には直径が10~30㎛程度、もしくは50㎛の微細な気泡ですがその定義は現在検証中です。その粒径は、主に下記の測定法を用いて評価しています。しかし泡の性質が現在も検証事項である為、泡の性質に見合った新たな測定方法が続々と登場しています。

可視化法
マイクロバブルをマイクロスコープなどで撮影して画像による測定。

レーザー回折・散乱法
レーザー光を照射して光の散乱光を測定することにより気泡径の測定。

コールタ―カウンター法
電気抵抗を利用した方法で、2極間の電気抵抗の変化を測定。

  • 前ページ
  • 次ページ